« 音を文章にするということ | トップページ | 本曲の再生産 »

2005/05/30

尺八の嘘ホント

今までに聞いたことのある尺八の迷信、あるいは私も本当かどうか自信のないものを上げてみて今の時点での自分の意見をつけてみる。(乞うご意見)
■尺八は7節のものが音がよい。
(嘘)節間、外の形にはほとんどよらない。
■尺八の根っこは立派に張っていて、欠けてないものがよい。お寺の鐘のイボのようなもので残響に影響する。
(嘘)残響には無関係。鐘とは根本的に構造が異なる。
■堅い竹は堅い音がする。柔らかい竹は柔らかい音がする。
(本当?)竹自体が振動するわけではないので材質には関係ないという人はいるが自分の経験、感覚からするとある程度ありそうな気がする。リコーダーでも黒檀のものとメープルや梨のものは音が違うと感じられる。
■尺八の音色は材質には関係がない。(プラスチックでも木管でも竹でも内径構造が同じであれば同じ音色である)
(嘘)やっぱり実感として違うと思う。
■竹は密度の高いずっしり重いものの方が音がよい。
(不明)堅くて重い素材を好む人は琴古流に特に多いように思われる。その方がよいかどうかはよくわからない。
■歌口の材質が水牛と象牙では音が違う
(嘘)私には聞き分けられない
■歌口に金線を使うと音が違う。
(嘘)どう考えてもそんなことはない(と思う)
■顎あたりは極端に落としたほうが鳴らしやすい
(嘘)鳴らしやすく感じることはあるかもしれないが尺八としての音の幅を狭めることになり結果的にはよくない。
■尺八の外の皮を剥くと音が変わる。
(本当?)自分でやったことはないが、明らかに変わるらしい。(響きが悪くなるとか)
■歌口の下を糸で締めると音が締まる。
(不明)迷信だと思っているがよくわからない。
■尺八の表面にテープを張ると音色が変わる。
(嘘)それで音色が違う程デリケートなら吹きながら小指を竹につけたら音が変わるはず。
■内径の太い竹は息がたくさんいる。
(嘘)極端に太いのは別であるが、息が抜けていってしまうのと中が太いのは関係ない。太くても息が返ってくるものはある。
■長管は息がたくさんいる。
(嘘)2尺3寸くらいまでの竹は8寸より反って長く息が続いたりする。息の量ではない。
■地の厚い竹は響きが悪い。
(本当)昭和初期の都山の尺八など吹くとそういう気持ちになる。
■割れ止めの修理をすると音色が変わる。
(不明)私はあまり感じないのだが材質うんぬんいうのであれば割れ止めをすれば響きは変わるはず?
■地なしで何も塗っていないときとせしめ漆を塗ったときでは音が変わる。
(本当)これは吹いてみればすぐにわかる。

|

« 音を文章にするということ | トップページ | 本曲の再生産 »

コメント

>古代の尺八は淡竹で作っていたようです。

正倉院の尺八の写真を2~3見たことがありますが、見たものは皆3節切で細い竹でした。
淡竹はその細さのものは少なく、細いものならもっと節が細かく多いはずだと思います。したがって御物の尺八は真竹ではないでしょうか?

投稿: しんた | 2005/06/19 13:16

尺八の記述について、ご指摘ありがとうございます。
ボクの間違った記述で情報が伝わっては大変だと調べてみました。

確かに尺八の竹は殆どが真竹のようですね。
ただ、まれに淡竹を使うということと、古代の尺八は淡竹で作っていたようです。
http://www.zusaku.com/history1.html

誤解のないように記事の内容を訂正しました。
ありがとうございました。

投稿: kankanwa | 2005/06/11 06:16

知人にすごい耳の持ち主がいます。彼はWAVEで録音したプラ管と地塗管の違いを当てました。なんでも倍音の組成が明らかに違うそうです。当然皮をむいても、表に塗装しても割れ巻きをしても音は変わると言ってます。楽器の肉もわずかに共振してるので、これが大きく音色に影響するようです。けして無視できる範囲の影響ではない、聞き分けられないのは耳が悪い、と彼は言います。

投稿: しんた | 2005/05/31 23:55

地無し管の場合は塗色、籐巻きで音色が変わるのは判ります。
地盛り管については、地の厚さにより竹本来の性質は無くなっていると考えます。
ただ言えることは、竹の外形による手穴の深さ、内容積の量により音色が変わるということはありますが。
これが竹の音かというとそうではないと思うのです。

投稿: 坂東太郎 | 2005/05/31 21:19

オーディオスピーカーではエンクロージャー(箱)の材質・エージング・塗装等で音が変わるのは常識なのに、尺八の一部の方々が頑なにそれ(材質等の音色への影響)は無いと言い張るのは、もはや意地としか思えませんね。

投稿: しんた | 2005/05/31 16:12

ブログ開設おめでとうございます。
なかなか面白い記事で楽しく読ませていただいています。
ウソ・ホントはホントかな?
ウソもあるんじゃない?
鳴りの話はそういう気がするというのがホントの部分があるのでは?

投稿: 坂東太郎 | 2005/05/31 07:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30551/4345298

この記事へのトラックバック一覧です: 尺八の嘘ホント:

« 音を文章にするということ | トップページ | 本曲の再生産 »