« お腹で支える | トップページ | 「一本竹」の案内 »

2005/06/22

お腹で支える2

自分ではっきりつかめているわけではないのだけれどお腹がたっぷりしている感じ。
下腹が内側から広がる感じ、背中=腰の上あたりが内側からひろがる感じ。
力を入れない=脱力するということをずっと考えてきたが最近は、意識的に息を入れる(吸うのではなく)という意識をもっている。
息が入ってくるときにふわっと胴回りがひろがり丹田が充実する状態というのが今の私の考えるお腹で支えるということです。
尺八を吹くときはお腹を使うというよりはお腹に力がある状態で吹く、つまり重心の低い状態で吹くということを心がけている。

体をもう少し観察すると今書いたことも変わってきそうである。

|

« お腹で支える | トップページ | 「一本竹」の案内 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30551/4667311

この記事へのトラックバック一覧です: お腹で支える2:

« お腹で支える | トップページ | 「一本竹」の案内 »