« 尺八と歌 | トップページ | 坂東太郎さんの「調律の難しさ」について »

2005/06/08

尺八と禅

尺八と禅とは無関係である。
尺八のどこを探しても禅だの仏だのはない。
もし関係あるなら禅の専門家の曹洞宗、臨済宗の坊さんはみんな修行で尺八吹いているはず。
百歩譲って尺八の本曲を吹くことが禅の精神を学ぶことだということだとしよう。
これは歩くことも禅、食べることも禅、仕事することも禅ということと同じである。
特別なことではないのだ。

本曲の虚空も端唄の黒髪も童謡の雨降りお月さんも一所懸命、しっかり十分に吹く事。
それができればよいのではないか。
仏さんは案外そんなとき近くにいるような気がする。

|

« 尺八と歌 | トップページ | 坂東太郎さんの「調律の難しさ」について »

コメント

動禅はむしろ超一流スポーツ選手の体験にあるようです。

閃き体験
http://blog.goo.ne.jp/heywa

投稿: しんた | 2005/06/09 00:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30551/4473148

この記事へのトラックバック一覧です: 尺八と禅:

« 尺八と歌 | トップページ | 坂東太郎さんの「調律の難しさ」について »