« 大メリのニュアンス | トップページ | 古管の吹き方 »

2005/08/08

ぶさいくな尺八

昨日法身寺で社中の浴衣会があり、床の間に異形の尺八があった。(写真)
ぶさいくな・・・・。
変形した尺八はいろいろ見たことがあるが、根っこの瘤に穴が開いているというのは始めてみた。
神田可遊さんの話では作者は楠井宗琴、大阪の人とのこと。
都山型の歌口で、地が入っており、まあまあ鳴る。
遊び心なのだろうがそれにしてもグロテスクな感じもする。

私は尺八の見てくれはどうでも良いほうだがこれにはちょっとびっくりした。
2005_08070026r
2005_08070027r

|

« 大メリのニュアンス | トップページ | 古管の吹き方 »

コメント

楠井宗琴について、ほかに何か分かりませんか?尺八と箏曲S37.11収録のS30調べの上田竹童の話に名前だけ出てきますが、よくわからない。

投稿: 学帽政 | 2011/09/09 16:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30551/5369302

この記事へのトラックバック一覧です: ぶさいくな尺八:

« 大メリのニュアンス | トップページ | 古管の吹き方 »