« 「春の夢」 山崎嵐彩 | トップページ | 音色の均質化 »

2005/09/19

「春宵」ライブ

ひさしぶりに邦楽のライブに足を運びました。
筝のグループ「春宵」のライブでゲストがおのPこと小野木雅紀さんでした。
前半はおのPの作曲の曲を数曲、どれも聞きやすい曲でおのPの人柄のやさしさ、ロマンチストの面が出ていたように思います。以前、おのPが現代邦楽について、「演奏して楽しい曲ではなくて普通の人が聞いて楽しい曲を作りたい」というようなことを言っていたの思い出します。
どの曲も筝、尺八のテクニックを聞かせるというものではなく、どこか聞いたことはないけど「懐かしい」と思わせる旋律が出てきます。私の妻などは曲のこのフレーズは○○に似ているとかいろいろ言っていました。
確かに現代邦楽というのは聞く人を無視しているところが多分にあり、それのアンチテーゼとして聞く人にやさしい曲というのは求められているのかもしれません。
演奏は、作曲者自身の演奏ということもあり、曲の世界がよくわかりよかったです。
欲を言えば筝はしっかりしているが、おのPの甘い旋律にはややしっかりしすぎているというか、音色が堅く感じました。優しさが音に出てきたらもっとよかったかなあ。
尺八はおのPの性格というか実に真面目で、前に出ない演奏。相変わらず太れない性格なのでしょう。もう少し自己主張してもいいかなあと思えるほどでした。
全体的には温かみのあるよいライブだったと思います。
それにしても曲間のMCの話題の弾まなさは・・・。(難しいですね)

小さいライブは気持ちが通じて楽しいものです。
ひさしぶりに楽しい午後でした。

|

« 「春の夢」 山崎嵐彩 | トップページ | 音色の均質化 »

コメント

昨日は本当に有難うございました!!

そうなんですよ~。(TT)
MC嫌いがそのまんま会場に伝わっちゃいました~。;;
自分のソロコンではネタ帳まで作ったのですが、やっぱり見かねた尺八の上遠野さんが「マイク貸して!」と助け舟を出してくれたんです。うぅぅ。。。。
学生の頃、放送委員会のに、あれはナンだったのでしょう。。。??

おのP、私も腹筋と筋肉鍛えます!

投稿: ぴっくん | 2005/09/20 17:35

ご来訪ありがとうございました。
あまりお話し出来ず、残念でした。
「聞きたい曲を作る」というスタンスは、今も変わっておりません。
それが幾分伝わったのであれば、大変嬉しいです。

尺八の音色については、精進が足りませんね。
腹筋も腹式呼吸も鍛え直さないとと考えました。

投稿: おのP | 2005/09/19 23:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30551/6020254

この記事へのトラックバック一覧です: 「春宵」ライブ:

« 「春の夢」 山崎嵐彩 | トップページ | 音色の均質化 »