« 音色の均質化 | トップページ | 「虚空」雑感 »

2005/09/25

音の表情

尺八の音色の流派の違いを先に書いたが、個人個人の持つ音色がまたある。
そしてその個人は曲に応じていろいろな音を使い分けることになる。
上手といわれる人は自分の音色を持っていることはもちろんであるが、その状況に合わせていろいろな音色を使い分け、音の表情を出すことができる。
人間でも喜怒哀楽あるように、曲にもいろいろな表情が要求される。
曲に応じた、フレーズに応じた、そうした表情のパターンをより多く、幅広くもち自由に操れることが、上手といわれる人の技術なのであろう。
あとそれをどの場面で、どのようにつかうかは、「心」の問題である。

|

« 音色の均質化 | トップページ | 「虚空」雑感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30551/6102994

この記事へのトラックバック一覧です: 音の表情:

« 音色の均質化 | トップページ | 「虚空」雑感 »