« 音の表情 | トップページ | から池ライブ »

2005/09/26

「虚空」雑感

松見さんのブログに「虚空」のアナリーゼがあったが、いろいろなイメージが膨らませられると思う。
私は「虚空」は極論すれば最初の1フレーズにつき後はすべてその説明と考えている。
切れ味のよい最初のツレーを聞くと、空間が裂けるような気持ちがする。
それだけでその後のすべての世界が決まってしまう。
音を出すものの運命であるが、一度出た音は取り返せない。
この曲ほどそれを感じるものはない。
最初の音の集中力を極限に高め、一音で曲全体の寸法を決めてしまう。
こんな曲は他にはない。

樋口対山が「虚空」を分割し「虚空」と「後虚空」に分ける編曲をした。
確かに西園流の原曲は長く、曲の構成力も弱い感じがして、それを分ける意味も解らないではない。
しかし、「虚空」は一音の気合をもって一気に大曲を持っていくことを要求しているのではないか。

|

« 音の表情 | トップページ | から池ライブ »

コメント

blogが復活しました.
また,よろしくお願いします.

投稿: 松見 | 2005/10/02 11:00

いつもコメントやトラックバックを,ありがとうございます.
折角なのですが,今,blogの不調で新規の投稿が表示されていません.
「虚空」の記述は力作なのですが....

投稿: 松見 | 2005/09/27 22:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30551/6134800

この記事へのトラックバック一覧です: 「虚空」雑感:

» 虚空(全くの私見ですが) [尺八本曲練習帳]
この曲には全曲を通して核となる旋律が二つあると考えています.一つは甲の「ツレーー」,もう一つは甲の「ツロロー」または「ハロロー」です.前者は高らかに響き,後者はささやくようです.私には,前者は『彼岸』への呼びかけ,後者は『此岸』での会話に聞えます.いかがでしょうか? 曲は高らかに響く甲の「ツレーー」で始まり,この旋律が繰り返されます.序段の主旋律はこの甲の「ツレーー」で,彼岸への呼びかけが繰り返されるようです.此岸でのささやきを交えながら彼岸への呼びかけが繰り返され,序段は乙の「ツレーー」で静... [続きを読む]

受信: 2005/09/28 23:35

« 音の表情 | トップページ | から池ライブ »