« 速い吹く~明るい本曲のすすめ | トップページ | 本気になれる尺八現代曲はないのか! »

2005/10/24

大道芸に学ぶ

先週末、三軒茶屋の大道芸フェスに行ってきた。楽しませてもらった。
客を惹きつける話術。
語り口、間、空気のつくりかた。
尺八の演奏も同じことがいえるかもしれない。
立派に朗々と吹く芸も一つのやりかただが、音はなくても聞かせることはできる。
尺八を構え、すっと坐っただけで、客をひきつけることができる。
大きな音は聞こえない。小さな音は聞こえる。
中身のしっかりつまった空間、時間を作ること。
何をどうトレーニングすればよいのやら。

|

« 速い吹く~明るい本曲のすすめ | トップページ | 本気になれる尺八現代曲はないのか! »

コメント

尺八本曲には,聴いている人を楽しませるというエンターテイメント性に欠けるところがあると思います.この点では世の音楽の中でも珍しいものです.人とのコミュニケーションでなく仏法との対話と位置付ける演奏者がいるのも良し悪しです.私は人に語りかけるような演奏がなんとかできないかと思ってはいますが,今のところは自己陶酔に逃避しているのかも.まあ,根っからのアマチュアでですから,それも許してもらいましょう.

投稿: 松見 | 2005/10/30 14:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30551/6553215

この記事へのトラックバック一覧です: 大道芸に学ぶ:

« 速い吹く~明るい本曲のすすめ | トップページ | 本気になれる尺八現代曲はないのか! »