« から池ライブ | トップページ | 竹翁の尺八 »

2005/10/09

前へ前へ進む

本曲を気分こめて吹いているとだんだん遅くなる。
丁寧に吹こうとすると遅くなる。
長管で吹くと遅くなる。
遅くなる遅くなる・・・・。

坂口鉄心師の本曲のCDを久しぶりに聞く。
早い、ぶっきらぼうにぶっち切りながら、先へ先へ進んでいく。
前のめりで躓きそうだ。

この演奏がよいかどうかはわからない。
ただ今の重心が後ろに残ってしまっている吹き方は音楽として望ましいものでない。
音楽を動かしていくこと。これは洋の東西を問わず必要なことである。
前へ前へまず進む。その中でどこまで丁寧に気持ちを入れていくかが課題である。
もしかしたら早い遅いではないのかもしれない。
音楽の駆動力のようなものをもっと持たなければいけない。
それが音楽の生命そのものかもしれない。

|

« から池ライブ | トップページ | 竹翁の尺八 »

コメント

そのCDはどこで売っていますか?

このところ西村虚空の「虚鐸」というCDを聞いてます。
こういう人たちの音源というのは、買いはするもののあまり期待はしていなくて、どちらかというと古典本曲研究的な意味で入手するのですが、このCDはちょっと違いました。比較的新しい録音というのと、海外で録音されたものですが、どうしてこういうのが日本でもっとレコードやCDで出されなかったのかな、という思いが出て来ますね。

投稿: Toorak | 2005/10/09 12:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30551/6313256

この記事へのトラックバック一覧です: 前へ前へ進む:

« から池ライブ | トップページ | 竹翁の尺八 »