« 大道芸に学ぶ | トップページ | 日々の精進 »

2005/11/03

本気になれる尺八現代曲はないのか!

ひさしぶりに現代邦楽(死語か!?)の第四風動、遍路などを聞いた。
自分でも吹いたことはあるが、改めて聞くと「つまらない」。
こういう曲をおもしろいと思おうとしたことはあるが、冷静に音楽として聞いたとき決していい音楽とは思われない。
何か音楽としてからっぽな感じがしてしまう。音楽としての重心の坐った尺八現代曲というのはないのか。
福田蘭童の曲も聞いた。あの時代の曲がほとんどすたれている中で福田蘭童の曲が生き残っているのは横山勝也さんの普及の影響が大きいのだろう。大正-昭和のモダンな感じがあったと思うのだが、今の時代にわざわざ大真面目にとりあげられるべき曲なのかどうか。私は時代の中にそっと残しておくべきと考えている。裏を返せばそれを引っ張り出してこなければレパートリーがないという現代の尺八のソフトの少なさは本当に致命的だと思える。

|

« 大道芸に学ぶ | トップページ | 日々の精進 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30551/6881273

この記事へのトラックバック一覧です: 本気になれる尺八現代曲はないのか!:

« 大道芸に学ぶ | トップページ | 日々の精進 »