« 必然の旋律 | トップページ | 我が家のひな祭り »

2006/03/06

邦楽は「音楽」なのか

現在、三曲などの邦楽は「音楽」として捉えられている。
演奏会という形式も定着している。

私が尺八を始めた頃、最初に奇異に映ったのは演奏会などで舞台の幕が開き始めるところで演奏をはじめ、最後の音が鳴る前に幕を閉め始める。幕の上げ下げのモーターの音がなんともうるさく、一番良い所にそんな雑音を入れることが信じられなかった。
あるときは尺八を吹いていて最後の音の前に回り舞台が回りはじめ、なんとも間抜けな気持を味わった。
これは純粋な「音楽」ではない芝居などと同じ「芸能」なのだ。音は二の次である。
大合奏などで音楽ではなく舞台上の所作をきっちりと揃えようとするのも、視覚上の効果を重視するからだ。
音楽はといえば、おさらい会などでは、きっちり音程、リズム揃うことが到達点である場合が多い。
ちゃんときっちりきれいに揃ってよくできました、というところである。
本当の音楽はそこから始まるはずなのに・・・。
どういう音楽にしようという意見の交換が行われることはあまりない。
自分がどういう風に考えて、どういう音楽を創ろうとしているのか、失敗しても意思の見える演奏というのは面白い。残念ながら邦楽でそういう演奏にはなかなか出会わない。

時代はずいぶん変わった。
しかし、まだまだ「音楽」とは遠い所にある邦楽は多い。

|

« 必然の旋律 | トップページ | 我が家のひな祭り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30551/8977502

この記事へのトラックバック一覧です: 邦楽は「音楽」なのか:

» 布袋軒「鈴慕」のツ(中メり) [尺八本曲練習帳]
ろめいさんから神如道譜「布袋軒鈴慕」のなかに出てくる,ツ(中メ)ツ(大メ)レーーー(底ユリ)のフレーズの最初のツ(中メ)の音程について意見を求められました. 突然の難しい問題にうまく答えられませんでしたが,整理すると私は以下のように考えています.便宜的に8寸管の音程で書きます. 私の演奏している音程は,「EDF−−−(底ユリ)−」です. なお,この「E」音は1穴全開でメリで音を下げ,これに1穴を指で半開にすることで「D」音とします.つまり「ED」の音質はめいっぱいメリ音です. ... [続きを読む]

受信: 2006/03/07 22:32

« 必然の旋律 | トップページ | 我が家のひな祭り »