« 我が家のひな祭り | トップページ | 《クイズ》この曲のタイトルは? 解答付 »

2006/03/14

尺八を「めがね」にする

最近、練習できていないのでこんなことしか書けない。

尺八の稽古はもちろん吹くことが第一ですが、尺八にどれだけ触れているかということが大切な気がする。
手孔の感覚、唄口、顎あたりの感覚それだけは失わないようにしておきたい。
竹の太さ、バランスすべてを自分の手の内にしておきたい。
めがねのように使っていても意識しない、それでいてなくてはならないものになればと思っている。

|

« 我が家のひな祭り | トップページ | 《クイズ》この曲のタイトルは? 解答付 »

コメント

尺八を手の内に・・・
大事な事ですね。ここのところ最初に2尺3寸管で乙ロを出してから、稽古に入りますが、手孔の感覚、唄口、顎あたりの感覚
ぜんぜん違いますものね。
稽古ができる環境にいる私は、幸せ者です。

投稿: @単管丸 | 2006/03/15 23:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30551/9092801

この記事へのトラックバック一覧です: 尺八を「めがね」にする:

« 我が家のひな祭り | トップページ | 《クイズ》この曲のタイトルは? 解答付 »