« 2つの「三谷」 | トップページ | 「虚鈴」考 »

2006/04/03

竹に育てられる

いろいろな竹を初めて手にして吹いてみる。
竹の数だけ鳴らすポイントがある。
竹の持つ百の能力を瞬間につかんで引き出したい。
癖のある竹、素直な竹、皆良いところ悪い所を持っている。
あるところは膨らませ、あるところはだまし能力を引き出す。

そのためには自分自身が尺八よりも器が大きく包容力がないといけない。
竹に振り回され、竹のわがままに腹を立ててケンカしているようでは修行がたりない。
鳴らせないのは竹のせいではない。
自身に力がないからだ。
良く鳴る竹が良い竹ではない。
愛情をもって作られ、育てられた尺八は必ずよい所がある。
全ての竹に持ち味があり、それをどのように味わうかはこちらの度量にかかっている。

私はまだまだ竹に振りまわされておろおろしている。
竹に育ててもらっているようなものだ。

|

« 2つの「三谷」 | トップページ | 「虚鈴」考 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30551/9417610

この記事へのトラックバック一覧です: 竹に育てられる:

« 2つの「三谷」 | トップページ | 「虚鈴」考 »