« 息を支える | トップページ | 味付けは薄めに »

2006/04/12

「虚鈴」考2

これは思いつき
「虚鈴」は三拍子ではないかしら。
昨晩、夜寝る前に布団の中で突然そんな思いがよぎった。
ツーレーウーハーというわけだけれどこれを二拍子で考えていたのだが音楽が止まってしまいそうな感覚があるのだ。ずっと思っていた。動きださないのだ。
三拍子を感じる。もちろんワルツではない。大きなアクセントがあるわけではない。しかし三拍目の浮く感じが生きるような気がする。
ツー・レー・ウーメ、ハー・という感じである。
一晩寝たら考え方がかわるかもしれないが・・・

|

« 息を支える | トップページ | 味付けは薄めに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30551/9560283

この記事へのトラックバック一覧です: 「虚鈴」考2:

» 虚鈴は三が基本 [尺八本曲練習帳]
「虚鈴」が三拍子という,ろめいさんの意見は,目から鱗の卓見だと思います. 私も自分の演奏を確認してみて,納得しました. ただ,三拍子と言ってしまうと,三拍子のいろいろな約束事にとらわれてしまいますので,様々な意匠での鐘の三連打の連続と考えたほうがいいと思います.たしかに,三が基本になった曲です. 鐘に音階はありません.音階の異なった鐘を組みあわせた楽器はありますが,「虚鈴」がイメージしているのは,そんな楽器ではなく,一つの鐘の様々な打ち方だと思います. 一つの鐘に音階はありま... [続きを読む]

受信: 2006/04/16 23:35

« 息を支える | トップページ | 味付けは薄めに »