« 琴古流本曲譜の功罪 | トップページ | 体の観察 »

2006/05/24

音の性格

先日のテレビの藤原道山さんの尺八の音を聞いて思ったのだが、5孔の尺八を使っているのに聴いているだけでは指使いがわからない。
普通に尺八を吹けば、ロはロの音色、ツはツの音色、ましてやツのメリはそういう音にちゃんと聞こえる。
それは音量×音色ということかもしれないがともかくある程度指使いが想像できることが多い。
道山さんのそれは本当にかなり均質に音を作っている。
特に高い音域などでは、普通こういう風にしか出せない、という音ではなく自分の意図した音色を作っている。
個人的には尺八は音ごとに音色が変わるのも特徴のひとつと考えているので音色が変わってしまうことは悪いこととは思っていない。
しかしそれにしても技術として、そんなことが可能なのか・・・
全く想像のできないテクニックである。

|

« 琴古流本曲譜の功罪 | トップページ | 体の観察 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30551/10213905

この記事へのトラックバック一覧です: 音の性格:

« 琴古流本曲譜の功罪 | トップページ | 体の観察 »