« 譜面台 | トップページ | 琴古流本曲譜の功罪 »

2006/05/15

藤原道山「Yume」を聴く

ずいぶん昔のCDであるが道山さんの「Yume]を最近入手して聴いてみた。(数年前のCDでありずいぶん乗り遅れているのであるが)
正直かなりがっかりした。
道山さんは本当に技術的にも高く、人間的にも本当によい人だと思っているが、あのCDは「??」だった。

まずあのCDは誰を聴くことを想定しているのだろう。
シンセサイザーと尺八の組み合わせはともかく、その尺八の全く生きていない編曲のつまらなさと音楽自体の空虚感はどうしようもない。
道山さんの尺八を聴くという意味ではおもしろくないし、シンセを含めた音楽として聴いてもなんとも意味のないものに思えた。いろいろな音楽の楽しみ方はあると思うが、自分にはあの音楽を楽しめる人がいるとは思えない。
ポピュラーな「この道」などもあったが、もっと尺八にじっくり歌わせるならわかるが、あの編曲では、どうして「この道」をあの編曲でやらなければならないの、と思ってしまう。
選曲もオリジナルを除き、「星に願いを」「この道」「新世界より」「アメイジンググレイス」何を考えているのかさっぱりわからない。
道山さんには本当に尺八を生かしたよい楽曲の提供者が必要である。
道山さんには本当の意味で尺八界の広告塔になってどんどん売れていってほしいと思っている。
邦楽界の宝の持ち腐れにしないためにも、どうかよい音楽にめぐり合いますように。


|

« 譜面台 | トップページ | 琴古流本曲譜の功罪 »

コメント

EAstCurrentはおもしろいと思いました。
個人的には道山さんの演奏技術、尺八の持つ魅力を生かしたオリジナルをもっと増やして欲しいと思います。
EastCurrentでもルーマニア民族舞曲とか道山さんの技術を聞かせるのはわかるが、尺八でやる意味がよくわからないものもあり、単にこんなんできますよ、というものを超えた選曲をしてほしいとないものねだりをしてしまうのです。はい。
道山さんにはもっともっと売れてもらわなければ尺八の未来はありません。

投稿: ろめい | 2006/05/16 22:25

(メアドには@が一個余分につけてあります)
道山さんのCDには古典もの以外はみなリバーブがすごく入ってます。これは対象が邦楽愛好者以外の人々だからではないだろうか、と僕は思ってます。中身もそうで、僕らからすると一回聞けばもういいやって感じですが、Fanの方々は毎日聞いても飽きないのでしょう。
とにかく尺八を聴いてくれる人が増えればいいんじゃないでしょうか。

投稿: しんた | 2006/05/16 20:19

数年で,というか,数年前から,というか,ですが。
もちろん,今の,変わったのかな?と思う以降の方が,ずっと好きです(^-^)

投稿: 玉虫 | 2006/05/15 23:34

個人的には,「空」以降のアルバムと,East Currentのアルバムが好きです。
でも,「Yume」が良いと仰る方もいるので,人それぞれ好みかなぁとも思います。
よく分からないのですが,ここ数年で,道山さまの吹き方って,少し変わったような気がしますが,どうでしょう。
単なる私の印象なのですが。

投稿: 玉虫 | 2006/05/15 23:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30551/10086726

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原道山「Yume」を聴く:

« 譜面台 | トップページ | 琴古流本曲譜の功罪 »