« 体の観察 | トップページ | 音程無限~メリの多様性について »

2006/06/06

反対のことを考えてみる

尺八を吹く。
上手く吹こうと一所懸命吹く。
息を吐く。
尺八を吸ったらどうなる。
もちろん吸っては音はならないが、吐く意識よりは吸いあげる方向を意識してみる。
息を吐く。
吐くのは口だが、そのコントロールは喉、もっと遠く背中、そして足の踵
遠いイメージを持つようにしてみる。
唄口に息を吹きつける。
尺八をあごから外してみる。
どこまで離せるか。2mm3mmその方がほっとした音がする。
吹こうと力むほど、ビーっといやな音になる。
虎落笛の音色が目指す音かもしれない。
力を入れて吹くのではなく、力のある息で吹く。

自分の意識と反対を考えてみると、何かヒントがありそうな気がする。

|

« 体の観察 | トップページ | 音程無限~メリの多様性について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30551/10420448

この記事へのトラックバック一覧です: 反対のことを考えてみる:

« 体の観察 | トップページ | 音程無限~メリの多様性について »