« 音が「晴れる」~三橋貴風氏の演奏を聞いて | トップページ | 尺八の面白さは乙音にある »

2006/07/19

布袋軒三谷~頭で作る音程

布袋軒三谷の音程感に悩んでいる。
律音階と都節の間をさまようメロディになんともつかみどころのないものを感じている。
もともと本曲などというものは師匠に習ったとおりにまず吹くということが根本で自分のちんけな工夫など入る余地がないものと思ってきた。
そういう意味では師匠の通りの音程を真似ればよいのであるが、我が師匠は、ちゃんとアナリーゼをして、全ての旋律、音程に意味をもたせている。
納得する音程というのは・・・神如道、善養寺先生以外の浦本浙潮の布袋軒三谷を聞いてみた。
楽譜としては大差ないのだが、やはり雰囲気が違う。
もちろんそれでしっかりまとまっている。うーん。
半端に真似をしても意味がない。一度自分の三谷を作ってみよう。
というわけで自分の中で全体的にツのメリを中メリにして音程を浮かせて旋律を作ってみた。
何度か吹いてなんとなくまとまりそうな気がした。(自己満足)

自分の録音を聞いてみた。
これがおもしろくない。旋律が頭で作られていていて独りよがりで、いやらしい。
やはり楽譜をにらんで考えた音程というものは底が浅い。
本当の音程感は師匠の音をなぞり、何度も吹く中で自然に生まれるものなのかもしれない。

というわけで今は音程がふらふらどこに行くのかわからない状態である。

|

« 音が「晴れる」~三橋貴風氏の演奏を聞いて | トップページ | 尺八の面白さは乙音にある »

コメント

>音程の上下を律旋と陰旋の交代と考えずに、表情音程として捕らえる。つまり、音色を主眼として、その結果音程が浮動する。音程を音色に含まれるものと考えるということです。
この意味はよくわかります。
ただ、耳として体として、しっくり感がどうしてもつかめないのです。
間違ってもピッチ至上主義ではありませんので、音程には民族的に許される幅というのがあるように思います。
子供のように聞いたものをそのまま真似できればよいのですが、何か無意識の作為が入ってしまいます。学校音楽教育の弊害かもしれません。

投稿: ろめい | 2006/08/01 00:47

京都地唄舞の四代なんとか八千代(愛子)、昭和32年の映像をNHKで見たのですが、音階をレウリロツレ、レツメロリウレとすると、ウもツもツメリもかなり高い。ツメリはごくまれに普通に半音。
レとリは三分損益で取っていれば高いのは当然ですが、乙リは時によってとても高く、乙レはしばしば高い、まれにウに近いほど高い。これがとても良いのです。三味線の音の良い、歌も良い。

舞に気がいってしっかり聞いていなかったのですが、要するに
Ⅰ、長二度を挟んで四度の核音を重ねるとき、長二度が狭い。
Ⅱ、核音に挟まれる音は高めだが浮動する。

Ⅰは以外だったのですが、古い調律で筒音が低い、所謂、無竹好みの竹で甲レのみ低く取れば、このようになるかとおもいます。
Ⅱは日頃かんがえている作り方なのですが、チ、ウ、ツのあたりの音程の上下を律旋と陰旋の交代と考えずに、表情音程として捕らえる。つまり、音色を主眼として、その結果音程が浮動する。音程を音色に含まれるものと考えるということです。

Ⅱのアプローチは、少なくとも西国の調子や虚霊タイプの曲ではぴったりくると思っています。

北国の曲は吹かないのでよくわかりませんが、ゆりながら極端に律を離れる部分があるので、他は、おおよそ律にはめておくほうが本来のような気がしています。民謡のみならず、洋楽の影響も受けているように感じることも、その理由のひとつです。。
しかし、ドレミに聞こえる音階に本曲を乗せることに、今はあまり興味を感じていません。律に従いながら、なおかつ本曲の香りをだすことは至難の業で、善養寺さんのような格別のプロの仕事だという思いもあります。

話をもどしますと、Ⅰは地唄の影響を受けた無竹独自の工夫の可能性がありますが、Ⅱは、古い調律法、同曲であっても伝承による異動の頻繁、雅楽では通常の感覚であることなどを根拠にすると、本曲に本来の発想と見るのが自然ではないかと思うのです。

もちろん結論は、吹き込んで腹で納得すれば人それぞれ、何でもよいことです。
蛇足ですが、最近「卒意」という発想にはまっています。
王羲之の「蘭亭序」の意味での卒意。

投稿: ペリー | 2006/07/31 15:29

私の対応できる地なしというのも限界があるようで、あの夢外管などは私の範疇を超えています。
私はある程度きちんとした音程から崩していくことはできるのですが、つかみどころのない音程から、音程を削りだしていくというところまではできません。
その域までいきたいところですが、自分自身の音楽世界のしばりがキツイく自由になれません。

投稿: ろめい | 2006/07/25 23:58

ろめいさん、お久しぶりです。

楽譜をにらんで考えたら、楽譜をはずして音程が心地良く嵌まるまでさらう。
それからまた楽譜をにらんで、とことん考えて、またさらって、と積み重ねていく。
尺八がその吹き方に合った音色に変わったころには、頭で作ったにおいが抜けて、曲が成立していやしないでしょうか。

曲が成立しても、それが違うと思えば、またはじめから別の方法を考える。このような、音を作る過程を楽しく感じています。

なんの変哲もない当り前の曲が、なんの工夫もなく、たまたま尺八に乗って響いている。そんな曲の有り方が理想的だと思っています。そのためにはどんなに工夫しても、し過ぎるということはない。
しかし、「お、工夫したね」、と見破られることは、たとえ褒め言葉であっても私には屈辱です。
ろめいさんはどう思われますか?

ただ、一城管のように、芯がしっかりしていて 音程感が明確な音色の楽器では、基本的には12律に嵌まっていないと居心地が悪いですね。

地無管、それも愚道管やネプチューン管のような素直に鳴るものより、夢外管の響きが好きな理由が最近がようやく分かってきました。音程感がぼやけているんです。だから、少しくらい音程をずらしても気持ち悪くなりにくい。
ニフティのログを見ていたのですが、わたしの三節切の夢外管をろめいさんも目白でご覧になっていて、あまり出来が良くないと書いていらっしゃいますね。ふふふ

投稿: ペリー | 2006/07/25 03:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30551/11001729

この記事へのトラックバック一覧です: 布袋軒三谷~頭で作る音程:

« 音が「晴れる」~三橋貴風氏の演奏を聞いて | トップページ | 尺八の面白さは乙音にある »