« 海坊主管 | トップページ | とんでも入門用尺八サイト »

2006/10/10

善養寺惠介「虚無尺八」を聴いて

曲目は
・錦風流獅子
・龍源寺伝滝落
・普大寺伝霧海篪
・越後明暗寺伝三谷
今回のテーマは「水」とのこと。

どの音にも気を配り、ジグソーパズルのピースを静かに収めていくような演奏。
聴く方もそのピアニッシモに耳をそばだて、息を止める。
あの緊張感のある微かな音の音程、音量のコントロールは本当に尺八の美しさを見せてくれる。
音量ではない、音がたくさんあることではない、音楽の本当のところを聞くことができたように思う。
墨絵の余白のようにそこには音楽が一杯詰まっている。
本曲が何がほんものか、伝統がどうのこうの、なんていう議論より、ここまで演奏芸術として高めることができるというのは本当に奇跡としかいいようがない。
そして善養寺師の人間性が竹韻となって染み出てくるところがすばらしい。

わが師匠ながらほめすぎかしら。
あえて難点をいうなら、ほっとできる普通に息のできる曲、軽い、洒脱な曲を1曲くらい挟んでほしい、ということくらいだろうか。
本当によい時間でした。

|

« 海坊主管 | トップページ | とんでも入門用尺八サイト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30551/12231730

この記事へのトラックバック一覧です: 善養寺惠介「虚無尺八」を聴いて:

» 善養寺氏リサイタル その1 [尺八本曲練習帳]
10日の善養寺氏のリサイタルを聴きました. 小さなホールのため間近で演奏を聴かれ [続きを読む]

受信: 2006/10/11 15:45

« 海坊主管 | トップページ | とんでも入門用尺八サイト »