« 自分の思ったように吹かない | トップページ | 外曲は外曲と知るべし »

2006/11/30

尺八で体調を知る

風邪で2日ばかり仕事を休んでいた。
そんなときは尺八を吹く気もあまり起こらないのだが、それでも時間だけはあるので少し吹いてみようと思った。
びっくりするくらい、情けない音しかしない。
お腹に力がないというか、息に生命力(?)がないというか、確かに口の中の状態もおかしいし、一番はきちんと鳴らそうという気力がない。
名人の逸話で、三味線の音を聴き、あの人は死に音が出ているからもう永くない、といったら弾いていた人がまもなく亡くなった、なんていう話を聴いたことがあるが、そんなことはあるのかもしれない。
(私は死にませんけどね)
生きている音というものがやはりあるはずで、尺八によって体調、精神の状態を教えてもらうということもありそうです。

さて、今日夕方から出勤予定だが、もう治っているかな。

|

« 自分の思ったように吹かない | トップページ | 外曲は外曲と知るべし »

コメント

うちの先生と同じ「鬼の霍乱」ですね。

夕方から出勤とは・・・大変なんですね。

私の方は、失敗演奏から新たな飛躍の何かをつかめたようで、稽古にまい進しています。

お若いからといって無理をなさらないでくださいね!!

投稿: @単管丸 | 2006/11/30 15:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30551/12876153

この記事へのトラックバック一覧です: 尺八で体調を知る:

« 自分の思ったように吹かない | トップページ | 外曲は外曲と知るべし »