« 型を作る | トップページ | 雷雨と尺八 »

2007/07/25

布袋軒鈴慕とは?

私は3つの布袋軒鈴慕を学んでいる。

最初は、浦本浙潮伝の「布袋軒鈴慕」
いわゆる明暗系でよくやられる布袋軒鈴慕である。
なかなか落ち着いた中に技巧が詰まっており、聞き映えもするので演奏会でもよく出される。
二つ目は善養寺先生ところで学んでいる神如道伝の「布袋軒鈴慕」
いかにも神如道らしい東北系の作りであり、浦本系とは構成は同じであるがずいぶん吹きっぷりが違う。
三つ目は神田可遊さんのところで学んでいる岡崎明道伝「布袋軒鈴慕」
これは前2つとは全く違い、非常に手が細かく、技巧の極地のような曲である。
悠々とした感じというよりはいつも動いている動的な鈴慕である。

これらは別曲といってよいほど違う。
どれがホンモノといえば全部ほんものなのであろうが、こうして並べてみると何が「布袋軒」といえるのか。
何が奥州系の手といえるのか。
ルーツはどんなであったか、と想像したくなる。

個人的には岡崎明道伝のあの手の細かいところが如何にも東北人らしく思える。
伝承は異なるが浦本浙潮の京都風の味付けで、曲を落ち着け自分の曲とした。
神如道は落ち着いてきた奥州の手を、さらに自分の本曲のもつ精神性を加味し、多少の演奏の効果も考慮して世界を完成させているように思える。

私は3つの鈴慕に振り回されている。
自分の「布袋軒鈴慕」はあと20年くらいしたら固まるのだろうか。

|

« 型を作る | トップページ | 雷雨と尺八 »

コメント

コメントは、なかなか愉快ですなあ~!!

それにしても、音源はムリでも譜は見たい。

いつか手に入れたく候。」

投稿: 虚韻 | 2007/07/27 07:30

波平兄や私のような愚者の年齢ではないので、ろめいさんを困らせてはいけません!!

投稿: @単管丸    | 2007/07/26 16:46

うんにゃ、波平どんは、ろめいどんのを、タダで3ッ聴きたい!!

チョイ見せで、隠すのは、古来“美人局”と言って、粋な男のすることじゃない!

単管○方式のチッチャイ音でエエから聴きたい!
ねっ!単管○どん、

投稿: 波平 | 2007/07/26 13:27

波平さん

んん音源は勘弁して下さい。
私の演奏ではとても雰囲気でません。

浦本浙潮はCDが私家版で出ています。
神先生のはCDが出ています。
岡崎明道伝は私家版で坂口鉄心先生のが出ていました。

このくらいでいかが?

投稿: ろめい | 2007/07/26 07:56

贅沢な望みですが、
三つの音源アップをお願いできませんかねぇ~?

言葉だけでは、歯がゆくていけません。
アッ!痒いのは、歯じゃなくて、革靴の中の水虫足指だったかな、

どこか、音源アップのサイトないかいな?と、探しますが、どこもかしこも、言葉だけ。あぁ~イライラ、イライラ、

投稿: 波平 | 2007/07/26 07:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30551/15899136

この記事へのトラックバック一覧です: 布袋軒鈴慕とは?:

« 型を作る | トップページ | 雷雨と尺八 »