« 本曲の自由度 | トップページ | ドラマ「喪なわれた道」エキストラ記 »

2007/08/21

諸流派尺八本曲独奏会第6回「一本竹」

尺八本曲独奏会第6回「一本竹」が開催された。
関西方面を中心に本曲吹きが集まり、それぞれの思いの曲を演奏しました。
私は神如道生曲「無住心曲」を出してみたのですが、自分のイメージ通りには技術が追いつかず・・・
というところでしたが、課題を確認するには良い機会だったと思います。
いろいろ本曲を聴いたのですが、本当に本曲というのはおそろしいもので、それぞれの個性、品格といったものが音にそのまま表れてしまいます。
自己主張の強い音、人を気遣う音、自信のある音、不安な音、意思のある音、なんとなく出てしまった音。
個人的には古典本曲というのであれば真面目に演奏するべきと思います。(伝承を問題にしない曲であれば特によいですが)
下手であっても誠実に、他人の評価は二の次でまずその曲を忠実に学んだように伝える姿勢が必要と思います。
私も含めてどうしても色気が出てしまい、無用な息当たり、不要な盛り上げなどやりたくなってしまいます。
もっとなんでもない普通に吹く本曲をしっかり吹ける強い揺るがぬ気持ちを身に付ける必要があると思っています。

いやくじ引きとは言え、下の先生方の中で一番若造の私が一番最後に吹くというのは緊張しました。
いろいろな人に出会えてそれはまたこの会の楽しみでもあります。


第6回「一本竹」   8月19日(日)12時-17時  高槻市生涯学習センター
出演者
酒井松道  三好芫山 倉橋義雄 坂口夕山 村田崩山 吉村蒿盟 幽山一草 谷林白毫 神埼貴園
辻元心山 大釈真佐俊 加藤伸雄 園山一峰 笠原憬山 谷口央山 新井箜山 西田壬山 他


|

« 本曲の自由度 | トップページ | ドラマ「喪なわれた道」エキストラ記 »

コメント

>強い揺るがぬ気持ちを身に付ける必要

逆に「阿字観」のような派手な曲を練習すれば作業が楽になる、なんていうことはないのでしょうか? 本番に臨んで、気持ちでああしようこうしようと言うのは難しいですよね。

派手な曲、歌で例えるなら、こういう歌唱。
 Mario Del Monaco "Nessun dorma"
 http://www.youtube.com/watch?v=CrJC7l5Pn-k
ベル・カントではないし、口パクですが。
自己主張とか、良い所を見せようというのとは、次元が違うと私は思っています。

ベル・カントならこちら。確か、60代だったと思いますが記憶があやふや。
 Mario Del Monaco in last live performance "E lucevan"
 http://www.youtube.com/watch?v=QGigUY3Mf7E&mode=related&search=

投稿: ペリー | 2007/08/30 06:43

「生曲」はすでに皆さんにお答え頂いたとおりです。
即興から生じたものですから神先生が古典本曲を学んできたエッセンスが詰まっている曲です。
つまり、こういう旋律がいいなあというのが集まっています。

魅力的ではありますが、いやらしくならないようにと思っています。

投稿: ろめい | 2007/08/22 21:36

 単管丸さま

 ・無住心曲 (本の抜粋から)
昭和12年、神如道の中国大陸旅行の折に生まれた作品である。
神如道自身はこれを「生曲ショウキョク」…おのずから生まれた
天与の曲…と呼んだ。
曲名は、金剛経の「應無所住而生其心」(まさに住する所無くして
其心生ずべし)・物事にこだわらなければ神仏の心が生ずる、の
一句によっている。

洋細については、本をお読み下さい。

投稿: 虚韻 | 2007/08/22 12:45

虚韻さん 早速のお答え有難うございました。そのまま読めばよいのでしょうか?セイキョク、ショウキョク、ナマキョク・・・?

無知な私ですので、御勘弁を・・・

投稿: @単管丸 | 2007/08/22 11:47

単管丸さま

以下は「古典本曲の集大成者・神如道の尺八」からの抜粋です。

「生曲」とは神如道独特の用語で「よい音楽は単に一個人の作為に
よって出来るものではない。
宇宙の造化の営みが仮に一人の人間を通じて発現するものであるから、曲を作る(作曲)のではなく、曲が生まれる(生曲)のだ」という考えに基づくものである。

私は古曲の錬磨に忙しいので、作曲をしてみようと思ったことはない。しかしながら、いつか何かの機会に、自分の生命がおのずから一曲となって生まれて来てくれたなら、さぞ面白いことであろうという夢は抱いていた。ところがこの夢が、不思議にも中国旅行中に実現されたのである。
すなわち作曲でなく、強いて言うならば生曲とでも言いたい。

投稿: 虚韻 | 2007/08/22 09:31

会場の雰囲気が伝わってきます。

トリとはさぞ緊張されたでしょう。恐縮が先にたってしまいますね!!
ところで
>>私は神如道生曲「無住心曲」 生曲という名称、私は始めて知りましたが、本曲とは違うのでしょうか、出来ましたらお教えください。

投稿: @単管丸 | 2007/08/22 05:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30551/16194248

この記事へのトラックバック一覧です: 諸流派尺八本曲独奏会第6回「一本竹」:

« 本曲の自由度 | トップページ | ドラマ「喪なわれた道」エキストラ記 »