« 「真音(しんね)」とは? | トップページ | 譜面の番人 »

2007/09/17

西園流本曲 録音

西園流本曲を稽古のつもりで録音してみました。
WEB上で西園流の本曲の音源はなさそうでした。岩田律園先生が本曲を公開しておられましたが
対山派で演奏されているようです。
勉強中なので稽古録音ということで勘弁です。
ZOOM H2というレコーダーを購入したので喜んでやってみたところです。
(録音はよくとも尺八の技術はどうしようもありませんね)
京都の明暗対山派の源流ともいえる曲で振りすらなく、本当にシンプルです。
対山派との違いという聴き方もできるかと思います。
それだけになんとも形にならず、難しいとも言えます。
竹内史光師の二尺地なし管と如道の八寸地なし管を使っています。

■ 西園流本曲
     本手調  


     志図   

    
     三谷  

   

西園流でも別伝として本曲に入れている「三谷菅垣」、これは明らかに琴古流のそれです。
これだけは自分が自分が習ったよりかなり変えています。
短管で軽く洒脱に吹くべきとの思いです。批判承知です。
     三谷菅垣  


  

|

« 「真音(しんね)」とは? | トップページ | 譜面の番人 »

コメント

楽山さん
聞いていただいてどうもありがとうございました。
自分でも改めて聞いてみましたがチーチウは流れがちょっと悪いですね。
西園もそうですが対山派でもウの律までは下げないと習っています。
西園流のCDは前の宗家の小原西園さんが私家版として出されたものがあったと思います。
後は昔、私の父がカセットテープで売っていたものはありますが・・。
いずれも今はちょっと入手できないと思います。

今聞き直したら三谷菅垣はよくないですね。

投稿: ろめい | 2011/07/26 22:27

西園流の音曲にはじめて接しました。ありがとう。 調子の曲だけですが、吹き方は素朴で殆ど明暗の吹き方に似ています。対山師がもともと西園の出であったことが肯かれます。こまかい点ではチーチゥのところでチ音のメリが足らない。もっとメリを効かせて(従ってやや音が小さくなる)再度録音し公開頂けたらと期待しています。 ところで西園流のCD、入手できるなら欲しく思います。 どこで入手できるのかご存知なら教えてください。

投稿: 楽山 | 2011/07/25 08:45

西園流の CD もってますよ。
三曲とも 入ってます。
ろめいさんの 尺八とは また、趣が 違います。
私は ろめいさんのは おとなしめに聞こえました。
素人なんで、 こんな感想しかかけません。
でも 尺八は 50年近く 身近で聞いております

投稿: けいななこ | 2007/10/30 00:00

単管丸さん
録音を公開するというのは実に恥ずかしいものですね。

虚韻さん
ほんとうに結局はまっすぐ吹くことができるか。
それが聞くに堪えるかということでしょう。
当たり前が当たり前でない不思議さを感じます

ペリーさん
録音の特性はまだつかんでいませんが、
マイクがちょっと近すぎたかと思っています。
もう少しOFFでとったほうがいいかな。

波平さん
三谷菅垣は指摘のとおり史光さんの三寸管で地付きです。
自分で工夫してみたつもりだったのですが、どうもはまっていません。独りよがりの感じでもう少し練る必要がありそうです。

コメントありがとうございました。

投稿: ろめい | 2007/09/21 22:13

三谷菅垣は地のある竹をお使いですよね。琴古の演奏技術を屈指しようとすれば地無しでは不可能じゃないかな、と、思う。それにしても、すばらしい音ですね。気合がまた申し分ない。

西園流本曲の三曲は幾度も聴きなおしています。とっても参考になる。飾りの無い分、曲の本当の姿を思い描き易い。
飾りを切り捨てて吹くってことの難しさを思います。
飾りがあるから普通の人でも取り組める。が、飾りを拭いきると、練達の士じゃないと取り組み得ない。飾りは、ある種隠れ蓑でもある。この飾りに多くの者等は隠れそして自ら迷ってしまう。
わたし、レベルは違いますが、以前都山流をやっていたとき、不要な過度な譜付けがイヤでしょうがなかった。今、明暗・対山を習い始めて、この苦しさからだいぶ出られた。
が、今日、貴兄の三曲を聴くと、対山にも多い飾りのことを思わずには居られない。

仮に、今、わたしがこの西園流本曲の三曲を真似吹いたら、聴けたものじゃないと思う。アラが赤裸々に出て、とてもじゃないが曲に何ぞならんと思う。
貴兄の勇気を、そして真剣さに脱帽。
ありがたく聴かせてもらっています。

投稿: 波平 | 2007/09/21 11:05

岩田律園さんの音源はここにありますね。
http://zeami.ci.sugiyama-u.ac.jp/%7Eizuka/erito1/iwata1.html

ところで、ろめいさんの録音機材、強い音がより強く録れているようなことってありませんか? 
なんとなく違和感が…。勘違いかもしれませんが。

投稿: ペリー | 2007/09/20 06:19

岩田律園師の音源を聴きました。
また、視野が広がりました。

このブログに感謝します。 合掌

投稿: | 2007/09/19 21:24

シンプルは易しいようで難しいです。私もビデオに取りながら練習して
いますが、細部まで把握できるため、自分の下手さを痛感します。

録音を公表できるのは、今の自分を試すのと、目標を定めるのに勉強になるでしょう。もっとも、生音でも聴いてみたいですが……。

投稿: 虚韻 | 2007/09/18 19:09

録音機の良さと、それ以上の尺八技量が相まって、気持ちよく聞かせていただきました。

私が、録音すると最後がいつも切れてしまいます。何でだかわかりません。

投稿: @単管丸 | 2007/09/17 22:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30551/16476245

この記事へのトラックバック一覧です: 西園流本曲 録音:

« 「真音(しんね)」とは? | トップページ | 譜面の番人 »