« 私は絶対に尺八がうまくならない! | トップページ | 曲が多すぎる »

2007/10/22

錦風流「調べ」を吹きながら、頭の中でぐるぐる考えた

錦風流の「調べ」を吹いてみる。
何を表した音楽でもないのだから、曲に色はない。
それでは自分で色をつけてやろう。
それが、墨絵に彩色するような愚であることは承知。
いろいろなものを想像しながら曲を吹く。
あまり、聖人のような高潔なものというのは似合わないな。
艶っぽく、熱いどくどくとした手触りのある感じ。
人間的なごつごつとした肌触りのあるもの。
もっといやったらしい感じ。
岡本太郎の油絵のようにのた打ち回るような力。
丸投三代吉のようなやりすぎの人間臭さ。

今の私の錦風流「調べ」はこんなだ。

|

« 私は絶対に尺八がうまくならない! | トップページ | 曲が多すぎる »

コメント

役立つ記事を楽しみにしていますが、更新が滞っていますね。お仕事さぞやお忙しいのでしょう。

同じ忙しい人でも、ム-ミンさんは八面六臂ですね!!

年の瀬も近づきました。お体ご自愛ください。

投稿: 単管丸 | 2007/11/23 10:56

コミ吹きは、竹林を吹き抜ける風のうねり、あるいは海の打ち寄せる波のリズムだそうです。音に色はありません。

先日、関西の高名な神如道曲も修得されたプロを訪ねました。腹から押し出すコミ吹きの迫力に感動しました。その方のCDも聴きました。
神如道とは曲の趣きは違っています。津軽の厳しい風土で育成されたコミ吹きは、コミの入れ方によって、曲想の解釈によって、好みはともかくとしても色々だと感じました。色々な色を感じて吹くのも自由でしょう。血液のどくどく流れる赤もありでしょう。

投稿: 虚韻 | 2007/10/28 08:43

どんな演奏?
音源載せて!

投稿: しんた | 2007/10/24 19:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30551/16843607

この記事へのトラックバック一覧です: 錦風流「調べ」を吹きながら、頭の中でぐるぐる考えた:

« 私は絶対に尺八がうまくならない! | トップページ | 曲が多すぎる »