« 尺八の見た目 | トップページ | 西園流「三谷」 »

2008/02/29

我が愛管~その3愚道管

またしばらく空いてしまった。どうも3日坊主というか続かない。
23_


愛管の3本目であるが、石橋愚道さんの作の2尺3寸管である。


海童道をやるわけでもない私には太すぎる巨管だが、私の長管愛はこの竹から始まった。
息をたっぷり受け止めてくれ、巨管であるにもかかわらず、音の音程、鳴り方のバランスがよく吹きやすい。
(まわりの人は太さに驚き、吹きにくいというが、慣れれば非常に扱いやすい)
2尺3寸という長さも指が自由に使えるためありがたい。

この尺八には石橋愚道さんの尺八に対する考え方が詰まっているように思える。
息をたっぷり自由に使って、竹を鳴らす。そんなシンプルな悦びを与えてくれる。
対山派の曲には向いているように思える。


23_2


23_3

|

« 尺八の見た目 | トップページ | 西園流「三谷」 »

コメント

おっ!
ついに愚道管の登場ですね。 ぼくの愚道管は最近ずっとおねんねさしてます。たまには吹いてあげないといけないとは思いますが、自作がどんどん増えていくので・・・・。

投稿: しんた | 2008/03/02 22:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30551/40316764

この記事へのトラックバック一覧です: 我が愛管~その3愚道管:

« 尺八の見た目 | トップページ | 西園流「三谷」 »