« 美しく吹くことをやめよう! | トップページ | 今年も尺八とともに歩みます »

2009/11/05

揺りのニュアンス

尺八の揺りはいわゆる洋楽器のビブラートとは本質的に役割が違うのではないか。
尺八の揺りの方がはるかに多くのニュアンスを含んでいる。
洋楽器的なビブラートが音楽を彩るものであるならば、尺八のそれは音楽そのものに近いと思う。

楽譜では音の高低、長さは表せるが、この揺りのニュアンスというものをきちんと表せる楽譜はないだろう。
これこそが師匠につく面白さかもしれない。
師匠と吹き合わせを何度も繰り返すことによって、揺りのタイミング、ニュアンスといったものが身に付いてくる。
ゆりは単に音の高低、大小ではない。その膨らみ方、減衰の仕方のちょっとした工夫で伝わる音楽が変わってくる。

今、韓国でテグムを習っていて比較してしまうのだが、この激しい揺りというのも魂そのものというか、尺八以上に揺りが音楽そのものになっている。
揺りの中に運指があるといった感じである。
尺八でも奥州系の本曲にはこの雰囲気のものがあり、共通点を感じる。
この揺りはあきらかに人間の歌のこぶしを写したものである。
人の嗚咽であったり、喜びであったり・・。尺八の揺りも本来はそんなところに起源があったのかもしれない。
尺八の場合、日本人の民族性からか、そういった感情の発露といったことまでやってしまうとちょっと下品に思われるのでもう少し大人しい所におちついているのかもしれない。

話を戻そう。
尺八において揺りは、音楽の大きな位置を占めている。
しかも、きちんと習っても、個性がやはり出てしまう。学んだことと自分の人間性が混沌としたところに自分の尺八音楽が生まれてくるのかもしれない。

|

« 美しく吹くことをやめよう! | トップページ | 今年も尺八とともに歩みます »

コメント

私も、ビブラートと揺りは違うものと思います。
フルートでは、フーフーフーと、息圧の変化でビブラートを付けます。
音を厳密に解析すれば音程の上下はあるのでしょうが、音圧に変化を付ける事で表現を豊かにしているものと思っています。

尺八のビブラートはバイオリンのビブラートに似ていて、明らかに音程を軽く上下させています。
波のように微かに揺れる音で、表現を豊かにするのではないでしょうか。

素川欣也師の篠笛を聴いたことがありますが、ビブラートのない、細い線のようで、とっても綺麗でした。
尺八の「首ふり三年」は、揺りを指すのか、ビブラートを指すのか、どちらでしょう?

揺りとは、「ハーァハーァハァハァ」と、ビブラートとは違う尺八独特の演奏法の一つではないでしょうか。

投稿: 00 | 2010/12/29 17:22

出張に行っている間にいろいろ盛り上がっている。
揺りを単に音程と音量の増減と思っている人がいますが、これは間違っていると思います。
顎でめらなければ指で音程を下げればいいや・・とかそういう問題ではなくて顎で下げた時の音色、音量いろいろトータルなものが揺りの中に入っています。
トータルなものだと思いますね。

それにしても韓国の揺りは人のこぶしとの類似を感じます。
尺八の昔の記述に引声阿弥陀経を尺八にうつしたという記述がありますが、そんな意味だったのかなあと思っています。

投稿: ろめい | 2009/11/11 21:31

コミ、カムリ、なやし、なども広い意味での揺りだと思います。
メリと同様、かざし指を使わないのが本道だと思いますが、地塗管では音が下がりにくいのか指を使う例が多いですね。
しかしどこかの会派のようにアゴだけではピッチが悪いからとじゃんじゃん指を使うのはどうかと思います。
テグムの揺りは本当にすごいですね。パンソリのコブシそのままですね。

投稿: じなしふくぞう | 2009/11/09 20:08

じなしふくぞうさん

納得しました。ありがとうございました。

投稿: 虚韻 | 2009/11/08 23:34

テグムも中国の笛子と同様、膜笛の一種ですので、歌口と指孔の間に孔が開けてありそこに薄膜を貼ってサワリをつけます。
http://kotobank.jp/word/%E3%83%86%E3%82%B0%E3%83%A0(%E5%A4%A7%E3%81%8D%E3%82%93)

投稿: じなしふくぞう | 2009/11/07 21:20

テグムの揺りは計算されたものですか?それとも自然に出て来る揺り表現ですか?
尺八の場合、常に無造作に習慣的になってる自己揺りの方を多く見かけます。
また、テグムを聴いてて、尺八とは違う竹音に混ざった強調された共振音(ビビリ音)がしますが、奏法によるのでしょうか?

投稿: 虚韻 | 2009/11/07 17:41

あぁ、ひとつ言い忘れた、
ろめい氏の言われるところはわたし理解していて、全く同感なのです

が、わたしの揺りは、師匠揺りで、
ソレはろめい氏がここで述べておられるとおりですが、
が、が、しかし、
ろめい氏のおっしゃる揺りとは少し違うように思う、

繰り返しますが、わたしのは、クサビの中の揺りでして、これって実はほとんど揺らないのです、少しシャクルような感じであることがほとんどだ、
揺りと言うより“メッテ戻す”だけといった感じかな、
出来るだけ単調な吹き方の中での些細な変化です、

でも、わたし、対山譜だけ吹くわけじゃない、あちこち浮気しますからね、このとき揺りを多用して遊びます、

投稿: 波平 | 2009/11/06 13:16

ウン、深い洞察だ!!
わたしもそう思う、

これを飾り的に彩的に使うのは、間違いですよね、
わたし、コレをクサビの中に、自然に取り込むことを心がけ、工夫をしている、

投稿: 波平 | 2009/11/06 12:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30551/46684064

この記事へのトラックバック一覧です: 揺りのニュアンス:

« 美しく吹くことをやめよう! | トップページ | 今年も尺八とともに歩みます »