« 楽器と共に成長する | トップページ | 吹く体力はやはり必要である »

2011/02/23

暖かい息で吹く

テグムのレッスンで、今日は「息」の使い方。
低音域を吹くのにテグムという楽器は尺八より細いのでより鳴らしにくい。
吹きつけては絶対鳴らない。

「暖かい息」を管の「内側」に「満たす」ようにというのが今日のキーワード。
稽古の途中で、尺八はどうですか?という話になり、テグムの先生が尺八に挑戦した。
乙ロを「暖かい息」で一発で鳴らした。
近頃のビュービュー吹く吹き方とは全く違ったが、見事に響いた。(これには本当に驚いた。私の尺八より良い音色かもしれない)
尺八でよくやるおなかで支えて、息をあまり出さない吹き方、これも裏目にでた。
私のテグムの音は音の最初で息が出て、それから息が戻ってしまうという。
息を出し続ける、前へ前へ進める、息がなくなることを恐れないで「吹き抜き」なさい。

ああ、ここにも小さくまとまった自分の吹き方がある。
これを壊さないことには先に進めないのだろう。
もう身に染みついている吹き方であるがこれを壊さなければ先に進めないようだ。

さあ、困った。

|

« 楽器と共に成長する | トップページ | 吹く体力はやはり必要である »

コメント

波平様
御年70才でブログやミクシィなんてカッコ良すぎですよ。
小生など61才で、どちらも高嶺の花。
ケータイでぼちぼちキーを押している不様です。
仮に30年のブランクがあったとしても、それを取り戻せるのがすごい。(取り戻してるはず!)
そのような方は時々いらっしゃいます。
やはり、若いうちにはじめる事ですね。
私などは、今でもチューナーを前に音程のチェックをしないと、自分の耳では高いのか低いのか定かではないのです。
尺八を演奏するのには、ロツレチ譜が一番似合ってるようです。
ロツレチ譜にこだわりましょう。

投稿: 00 | 2011/03/06 17:57

虚韻さん、OOさん、ろめいさん、
お三人のレベルは、わたしには遥か遠くの山上を仰ぐようなものなのですが…、
でも、わたしも、途中長期間(約30年間)のブランクはあったのですが、それを問わなければ尺八歴は既に50年を超えています、現在70ですがね、
で、御説を拝読しても、少しはわたしなりに判るところもある、
五線譜理解がお三人とも深くていらっしゃる、拝読していて、これが、いちばんうらやましいですわ、わたし、さっぱりこの種の知識に疎いのです、
あぁ、
おもしろがって、Fecabook登録しましたが休止状態です、Twitterも、
わたしの場合は、ブログとミクシイだけで充分です、

投稿: 隠居波平 | 2011/03/06 06:56

虚韻様
私は、尺八暦41年、自分の年から20を引くと尺八暦になります。
私達の年代は尺八バカ?が結構多くいました。
その中から、プロになった人も少なくありません。
今になって思えば、尺八三本会の影響が大きかったのではないかと思います。
青木鈴慕、横山勝也、山本邦山の三本の会の演奏は今は聴けません。

私は、洋楽をやっていましたので、五線譜で尺八を吹けますし、ロツレチ譜でフルート等も吹けます。
尺八譜で吹いていても、ついドレミで歌っている事がよくあります。
ろめい様同様、父親の影響で尺八をやるようになりました。尺八三代目です。

投稿: 00 | 2011/03/04 14:09

尺八には、製作者、地の有りなし、竹材等により音色が異なるものです。

琴童には琴童の良さがあり、古童には古童の良さがある。

私自身、琴童は鳴りすぎるとの思いが常にあったので、柔らかい音の出る、地無しの古童管にしようと、ここひと月は古童ばかりを吹いていました。

しかし、古童では、ひとフレーズを吹くのにも途中で息継ぎが必要になる、息が続かない。
これは息が余計に必要な尺八だ!
このままでは、演奏会に支障がでる!と考え、また琴童に持ち変えたのが一昨日。

ひと月ぶりに琴童に持ち変えてみたら、とんでもない強い息で吹いている私自身にびっくり。
当然力が入りすぎて音も良く響かない。
力を抜こうと思ってもすぐには抜けない。
小一時間程吹いてやっと元の音に戻ってきた。

何故この様な事が起きたのか、自問自答してみた。

古童が息が余計に要る尺八ではないと言うことがわかった。
いつも吹いている琴童の音量、鳴りに達するように古童を吹いていた事が原因と判明。
古童を吹いているのを忘れていました。
古童の柔らかい響きに任せて吹いておれば良かったものを、いつのまにか気分はいつもの琴童になっていて、琴童なみの音を出していたのです。

下合わせに行った糸の先生宅で、今日は地無し古童で静かに吹きますからと言ったのにもかかわらず、いつも以上に力の入った演奏になっていたのではなかったかと冷や汗をかきました。
古童管に悪いことしました。

投稿: 00 | 2011/03/01 15:36

横笛と尺八は吹き方が全く同じとはいいませんが、ただ息の使い方ではかなり共通点があると思います。
自分の尺八の欠点をテグムのけいこの中で指摘されると本当にドキッとします。

投稿: ろめい | 2011/02/24 21:25

横笛を吹いたことがないので分かりませんが、尺八とは基本的に吹き方が違うことはありませんか?

投稿: 虚韻 | 2011/02/24 12:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30551/50952427

この記事へのトラックバック一覧です: 暖かい息で吹く:

« 楽器と共に成長する | トップページ | 吹く体力はやはり必要である »